会員ID (ご登録メールアドレス)

パスワード

トップページ

FROPYとは

ヨーグルトの作り方

4種類の乳酸菌

腸内細菌のパイオニア

低脂肪・低カロリー

ヨーグルトレシピ

レシピ募集

FROPY学入門

メルマガ

お問合せ

レシピ募集

■ 低脂肪・低カロリー

レシピ募集 レシピ募集




レシピ募集


幼児期はおやつも大切な栄養補給のひとつ

幼児期は消化機能が十分に発達していないので、1日3回の食事だけでは必要なエネルギー補給が難しく、そのため食事と食事の間に食べる間食、つまりおやつが重要な栄養補給のひとつになっています。

幼児期のおやつでは、食事で取りにくい栄養素を補えるものを取り入れると良いでしょう。食事だけでは十分な摂取が難しいカルシウムの豊富なヨーグルトは、おやつに最適の食品です。季節の果物と組み合わせるなどして、ビタミンや食物繊維を合わせて摂取するのがおすすめです。

また、ヨーグルトは低脂肪、低カロリーなうえ、腸内の健康を守る働きも期待できるヘルシー食品。幼児期に毎日食べる食習慣をつけることで、将来の生活習慣病や骨粗しょう症の予防にもつながります。

高齢者の便秘対策、骨粗しょう症予防に

食が細くなり、運動量も少ない高齢者は腸の働きが悪くなり、便秘になりがち。また、腸内の善玉菌は加齢とともに減っていくという報告もあり、高齢者は特にヨーグルトを毎日とることで腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが必要となります。

また、ヨーグルトは高齢者に不足しがちなカルシウムの補給源としても最適な食品です。カルシウムをしっかりと摂り健康な骨や歯を守ることは、寝たきりの予防にもつながります。

毎日のヨーグルトで便秘や骨粗しょう症を予防し、ADL、QOLを維持し、健康寿命を守りましょう。

レシピ募集
レシピ募集 レシピ募集 レシピ募集 レシピ募集
レシピ募集